www.mpdiscomeast.com

mpdiscomeast.com.お祝い応援団。還暦祝いや米寿祝いなどの長寿祝いから退職祝い、定年祝いまで。

ホーム

70歳の古希に贈り物をするのなら

日本の社会においては、長く生きることができるようになっている傾向にあります。その背景には、食事が良くなっており、栄養状態が改善傾向にあったり、不治の病といわれた病気であっても治るような医療の進歩がみられるようにもなっているのです。長く元気に生きることができれば、それに越したことはなく、誰もが望むことでもあるのです。

その長寿社会において、お祝いをするということは当たり前に行われているものです。長寿のお祝いの一例としては、60歳のタイミングで還暦祝いをしたり、70歳のタイミングでは古希祝いをしたりすることになります。その後は77歳で喜寿祝い、88歳で米寿祝い、そして90歳では卒寿祝い、99歳では白寿祝いになります。

年齢においても区切りのタイミングでお祝いをしていくことになるのです。 還暦はよく知られるものであり、定年退職をして第二の人生を送るといったタイミングにもなるので、よく見聞きするものですが、その次の古希というのもまわりでお祝いをしたいものです。

古希には誕生日や敬老の日前後にお祝いをしていくといわれるのですが、食事会を開いたり、贈り物を贈ったり、記念写真を撮ったりするようなことをしていきます。 食事会としては、外食などで本人が好むような食事を親族で一緒に食べる機会を作ったりして、その場で贈り物を贈ったりすることになるのです。

贈り物としては、洋服やアクセサリー、日用品など、いろいろなジャンルで本人が喜ぶようなものを選ぶようにするといいでしょう。最近は名前入りのギフトが人気であり、インターネットなどでも注文をすることができたりするのです。また、古希を象徴する色が紫色なので、紫色のグッズを贈るというのもいいでしょう。

還暦よりは落ち着いた色合いなので、何かと使いやすいものです。 また写真撮影はデジカメなどで撮って編集をしてみてもいいですし、記念に写真屋などで撮ってもらうというのもいいでしょう。

↑戻る木
↑戻る木
Copyright (c) 2014 www.mpdiscomeast.com All rights reserved.